宿便の誤解

宿便を取り除くと美容や健康によい」との商法での宣伝文句をよく見かけ、また宿便の取り除きは万病予防にもなるなどとうたい、少々オーバーなものでは「宿便は誰の腸内にもバケツ一杯も宿便が宿っている」との表現もあり、思わず病院などに宿便を取り除くためのクリーニングを頼み込む人もいたようです。

宿便を煽る宣伝文句には誇大なものが多くありますが、しかし宿便に対する表現が全て誤っている訳ではないようです。
「宿便で滞留する便から毒素が出で・・」などという事実関係は確認出来ませんが、宿便状態により腹部の膨満感、腹痛、頭痛、食欲不振、全身倦怠感なでが怒ることがあるようです。

また、宿便は腸にこびり付く便として、断食や腸内洗浄により排泄させる方法が紹介されていますが、医学的にも腸の粘膜は日々作り変えられているため、その上にこびりつく便の確認はされていないのが実態のようです。

断食の際に排泄される宿便と呼ばれる便は、腸内粘液や消化液、古い上皮細胞、増殖細菌などの事で、宿便の宣伝にあるような永年こびり付いた便のことではありません。
posted by ドンドコ at 11:48 | 宿便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。